印刷文書監視システム

PrintInsight

情報漏えい媒体トップは“印刷物”

PrintInsightは、印刷物の中身を文字やレイアウトも含め、そのまま保存することでユーザーの印刷行動を把握・監視し、印刷文書からの情報漏えいを効果的に抑止することのできるセキュリティ製品です。

既存の対策ではまだまだ”抜け穴”が多い

PrintInsightで印刷文書からの情報漏洩の“抜け穴”対策

PrintInsightの特徴

特徴1

すべての印刷情報を “中身まで” 確実に取得

印刷イメージ(PDF/XPS)を取得するので、
ファイル名を書き換えても印刷内容が把握できる
PDFへの低負荷変換とデータの圧縮率を設定可能

特徴2

印刷データ内に含まれる“テキスト情報まで” 取得

ファイル名はもちろん、印刷文書内のテキスト情報をすべて取得するため文書の中身で検索できます。

特徴3

どこで印刷が実行されても、すべての印刷情報・イメージを取得!

保存先のサーバーと接続が切れている場合は、パソコン内にPDFを一時的に保存します。
サーバーとの接続が回復すると、パソコン内に一時保存したPDFを順次サーバーへ送信します。

特徴4

高い互換性と容易な導入

既存環境の変更は必要なし!ソフトウェアの配布のみで作業は完了!

価格

PrintInsightクライアント 1ライセンス

標準価格:7,900円

PrintInsightクライアント1ライセンス (保守費)

標準価格:1,580円

PrintInsightサーバー 1ライセンス

標準価格:398,000円

PrintInsightサーバー 1ライセンス(保守費)

標準価格:79,600円

PrintInsightの運用イメージ

GO TOP